雑多、喧騒

感性の切り売りです。日記みたいな感じ。

自己啓発

こんばんは

 

 

意識高い、自己啓発。私も知人に誘われた事があります。

講師の方が、まあ素晴らしい目から鱗が落ちるような事を沢山教えてくれて、人生の見方が変わっちゃったわぁ~!っていう感じでしょうが、そうは言ってもその内容は大概生きていればわかるような事ばかりです。

世の中全ての人に好かれる人なんていない。人は誰かしらに嫌われるものである。だから嫌われることを恐れてはいけない。

そういうのが少し前に流行った気がしますが、これは社会に出れば、というか出る前に気付く人もいるくらい当たり前で、世の中にありふれている考え方です。

ただ一つ、「貴方を救ってくれる言葉」っていう魔法をかけるだけで、それがさもエンジェルナンバーかのように聞こえるだけです。

つまり誰が言うかが大事なんですね~

 

私にすればそれは「知識の前借」ってもので、自身の人生経験から学ぶ前にちょっと他人の知識を頂戴しているようなものです。それ自体は悪いものではないですが、しかし聞いたところで身に付くものでもありません。人は自分の力で変わるもので、他人の言葉なんて案外聞いちゃいないもんです。

仮にも授業を真面目に聞いていたら、私達は今頃もっと裕福な生活をしているものです。歴史は繰り返すということ。

セミナーや交流会なんてありますが、大体はただのお茶会になっています。同じ人が様々なセミナーをハシゴして、決して安くない授業料を出しているのです。そしてみんな大体同じ事を言う、何か資格を取ろうと。

結局自分じゃないと自分は救えないんです。

 

要は心の持ちようです。痩せる薬?食べ方?違います。太るのはずっと家にいるからです。パートでもいいので仕事しましょう。痩せてる人は8時間労働しています。まあデスクワークだったら結局大したことありませんが。人間は動き回るのが普通なので、家にいたら太るのは当たり前。

自己啓発も同じです。お金が欲しい?じゃあ行動しようね!それを言ってるだけです。

しかし大体の人はリスクを考えて足踏みしてしまう。けどそこで1歩進んだ人が成功する。そういう話。

 

自己啓発にハマる人は、大体過去に心残りがある人です。

あのね、自分はどういう人で、どう生きていたいのか。綺麗に生きたいなんて思うんじゃない。

いいじゃない性格が悪くたって。目をつぶらないで受け止めることが出来る人から改善していきます。逃げてるうちは絶対良くならない。

 

ということで、今回はあまり良くない話をしました。

ようわからん人の言葉なんて信用できないと思うけど、私心理学専攻してました。これで信用してくれますか?